12、並べ替え


名簿の一覧表はできたが、さらにデータベースを使って、いろいろ加工できなければデータ−ベースの価値が半減してしまいます。

1、あいうえお順

文字には文字コードが付与されています。
数字、英字、カナ、漢字の順です。
漢字は読みの「あいうえお」順に文字コードが付けられています
(ただし、難しい漢字は後ろに部首毎に、文字コードを付与)
この文字コード順に、名簿を並べ替えると解り易いと思いますが。
立体置場に入れたデータは、「並べ替える命令」が準備されているので、至極簡単です。

立体置場名.sort();

と書くだけで、文字コード順に並び替わります。

2、体験しよう

前ページのソースに

kaiin.sort();

を書き足すだけでいいのです。

その結果を
あいうえお順会員リスト
をクリックして体験してください。

<html> <head> <title>javascript入門no111</title> <script language="javascript" src="http://qpon.quu.cc/java/nyumon/kaiin.js"> </script> </head> <body> <center> QLINK会員一覧表<br>(あいうえお順)<br> <table border=1> <script language="javascript"> <!-- kaiin.sort(); for(i=0;i<=n;i++){ document.write("<tr><td>",i+1,"</td><td>",kaiin[i],"</td></tr>\n"); } //--> </script> </table> </center> </body> </html>

こういう便利な命令がJavaSscriptには沢山用意されています。